2020年06月17日

店名は言えない

福岡の中で二大都市にあたるうち一つの、私が住んでいる福岡市は、緊急事態宣言後、そんなに感染者は増えてなく、0人という日も続いてたので、このままなくなればいいなぁ(第二波がくるとしても)なんて思ってた。。
(※もう一つの北九州市では小学校関係で増えて一時期は心配でしたが、かなり細かく検査している、という結果であって、経路不明は少なかった)



すると今日、「感染者8名は中洲のキャバクラ」というニュース。



え?8人も?と思ったら、そのうち4人は東京からこちらへ遊びにきていた男性たちで、東京に帰ってから感染確認されたみたい。



※西日本新聞より
>  市によると、感染が判明した福岡市の30代男性2人は、今月4日に東京から来た友人の男性4人と一緒に中洲のキャバクラに来店。友人4人も15日までに東京都の調査で陽性と分かった。男性たちは店名を明らかにしていないという。
>
>  また、市内のほかの感染者のうち、この30代男性2人と3日に会食した20代女性と、女性の友人の30代男性がキャバクラの店員だったことも判明。市はそれぞれのキャバクラが同一店舗かを確認中という。



何らかの事情があって、6人ともお店の名前を「言わない」ということなのでしょうが、いや、何の事情なのか?少しでも早く感染経路を明らかにして(調べて)何とか他に感染する人が出ないよう、広げないようにしないといけないのではないの??



東京でも東京アラートという、今となっては謎のイベント?(イベントじゃあ不謹慎ですね、なんといえばいいのか。。(;'∀'))が行われていたけど、その間も感染者はホストクラブ関係がほとんどだったのですよね。


ニュースに出てた感染したホストの子が、密どころかシャンパンの回し飲みが普通、みたいに言ってて、ああ、もう広がらない方が不思議だと。愕然としてました。


だってこういう話になると、どうしても「夜の街は怖い」ってなってしまって、でもでも、本当にちゃんと対応して、それで売り上げが下がっても(密を避けるために「空き」を作らないといけないし)それでも「感染者を出したくない」と頑張ってやってるお店がたくさんあって、いやたくさんどころかほとんどのお店はそうである、って信じたい。



それなのに「夜の店」で一緒くたにされて本当に迷惑だと思う。



とりあえず、中洲のキャバクラの感染経路がちゃんと明らかになってこれ以上広まりませんように!ちゃんと調査に協力してくれますように!




























































posted by acco at 17:16| 福岡 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする