2021年04月09日

親の先々B

介護3の認定が下りて特養探しに入るのだけど…その前に「酸素不足」の話。

母はずっと前から「かかりつけ医」を持ち月一の通院は欠かさなかった(途中医院は変わったけど)

だからある意味「病気」に関してはそんなに心配してなかった。具合が悪ければ月一に加えて通院してたし。

でも。大きな病院への入院時の検査の時、酸素量を測ると(指先につける装置で)「え?・・・かなり少ないんですけど」と看護師さんが心配そうな顔に。

「おかしいなぁ・・」と再度測定。それでも低い。

看護師さんの表情や言い方で「治療が必要なほど低いのだな」と理解しました。

「・・・かかりつけ医はいらっしゃらないのですか?」と聞かれたので「いえいえ、月一で必ず行ってます」

「そこで酸素は測らなかった?」

母「測ってます」

「少ないって言われたことは?」

母「そうですね、いつも少ないね〜、とは言われてます」



看護師さん&私「・・・・・・・・・・・・・・・・」



酸素不足はすぐに鼻チューブ装着、そして・・・その後(いろいろな検査の後)お医者さんから「間質性肺炎にかかってありますけど、治療は?」と聞かれ唖然。

いや、時々咳が出てるなあと思っていたけどそのかかりつけ医から毎回「咳止め」をもらってきており、(数か月)お医者さんが「咳止めで治る」と診断されたのだからそれで大丈夫だと思っていた。

咳が続くのに何の検査もしてなかったのかな。酸素もそうだけど・・・・(危険水域だったらしい)

胃カメラとかはやってたけど(母は嫌だと言ったけどどうしても、と→鼻から通すカメラは本当に苦しかったそう)なんだかなぁ。

ご近所の人も一部は「あそこはダメ!」って言ってたけど、「普通にいいよ」と聞いていたので安心しきってました。あまり検査検査というのはどうかと思うけど、かかりつけ医選びも適当ではだめですね。「家から一番近い」というだけで決めたので。。。(-_-;)


続く。



















































posted by acco at 11:14| 福岡 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする