2011年10月31日

月曜日のやる気

日曜日の夕方、サザエさんを見ようが「明日の月曜日が憂鬱・・・」にはならない私。


特に土日にちゃんと仕事ができた時は、月曜日にジムに行くようにしているので、それが楽しみでもあり。(いっちばん安い平日会員なので土日はいくら暇でも行けないーー;)


楽しみと言ってもランニングマシンとチャリ漕ぎしかしてなく、おばさまたちが(平日なので私よりかな〜り年配と思われるご婦人ばかり)ボディバンプやらボクササイズやら、激しい音楽に合わせて(合ってない方も多いけど)体を動かしてらっしゃる横で、


一人おっさんたちに混じり、黙々とウォーキング&ジョギングを続ける私。


30分間はそのランニングマシンに設置されてる小さなテレビを見ながら、頭の中は「今週のアップ」でいっぱい。


「今日はあれ、そして明日はあれを出し。。。明後日はあれとあれをアップして木曜日は・・・」


なんてことを必死で考えているので、多分私の顔は修行僧のよう。だと思う。


でも汗をかいた後のシャワーはやっぱり気持ちよく、「運動した!」って、その爽快な感じ、やっと体が思い出してくれたみたい。


ただのジョギングなんだけど、そう思うほど今まで全く何もやってこなかったからなぁ。。



シャワーを浴びてすっきりして家に帰り、アップの準備をする時には気持ちは



「よし!今週も頑張るぞ!」だ。



で、金曜日になると「・・・・今週も頑張ったのになぁ・・・なかなか上手くいかないなぁ・・・まあ努力が足りないのだろう」


と、鬱々として凹む(笑)



そんな繰り返しの日々でも、月曜日に希望が持てる私はしあわせ。


今週も頑張ります!o(*^▽^*)o~♪


アジアのお洋服と雑貨のお店『ミミュウ』
http://www.mymieu.com/

過去の日記
http://www3.diary.ne.jp/user/300128/





posted by acco at 16:40| 福岡 ☀| ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

金曜日の憂鬱

「今週も頑張ろう!」で始まった月曜日。


カーペンターズの歌にあるように「月曜日」に憂鬱になるっていうのはよくきくけど。


Rainy Days and Mondays always get me down.


私はどちらかと言えば金曜日。


「頑張ろう!」で1週間が始まって、一生懸命頑張ったのに、その軌跡がどこにもない。


でもそんなもん。


努力が全て報われるのなら、


私はもうちょっと・・・・・もうちょっと?


いや、結局今の、ここにいるんだろう。


あららなんだかセンチメンタル(←死語)な金曜日。


午前中、さゆりさんちのクッキーが旅立ったというメール。
http://ameblo.jp/chouchou-jp/entry-11058977922.html?frm_src=thumb_module



10年位前、さゆりさんのベトナム出張中、1週間ほど預かったことがあって。(当時一軒家に住んでた)


私は犬好きなので結構どんな犬とでも仲良くなれるし、クッキーとも知り合いだったので特に問題もなく過ごしたんだけど、クッキーは初めて来た家、しかも遠いとこまで来て。そりゃあ多少はとまどってて。


「お母さん(さゆりさん)は?いつ迎えにくるんだろう?」


ってそう思ってるって、きっと心配してるって、そんなふうに想像したら、私の方が何というか・・・いてもたってもいられなくなり。


朝、昼、夕、夜、と、日に4〜5回くらい散歩に連れて行った。


大好きな散歩させておけば、その間だけは「不安」を忘れてくれるかなーって。


夜中に帰ってきた家族が、そんなことも知らずまた散歩に連れて行ったりして、ベッドの中から「!?今日6回目の散歩だよw」なんて。


団地の公園から奥の階段を下り、夕暮れの草むらをずんずんと進むクッキーの歩き方。後姿。お尻。


西に見える夕日と南に見える山。田んぼ。


あぜ道では耳をピン!っと立てて、全てのものに興味深そうな顔。


一緒に寝た時の、クッキーの大きさとか・・・触った時の、頭の骨の感じとか、耳の後ろを撫でた時の感じとか、腕の太さや長さや、家に入れるときに拭いた足の指。


ポンポンってした時の、背中の毛の感じとか。


そういうのが今日の夕方近くになって一気に蘇ってきて、我ながらびっくりした。


1週間前のことはよく覚えてないのに。


本当にびっくり。


もしかして「さよなら」を言いに来てくれたのかな。


感情豊かなのに物言わぬ生き物。だからこそ愛しい。


切ないけど、何せ大、大、大往生。


「幸せなわんこの一生」を見せてくれてありがとう。


「クッチー(←キーと言えないw)こっちよ〜」の、そんな声まで思い出させてくれました。


アジアのお洋服と雑貨のお店『ミミュウ』
http://www.mymieu.com/

過去の日記
http://www3.diary.ne.jp/user/300128/





posted by acco at 18:22| 福岡 ☔| ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

そんなつもりで来たのでは・・

私がテーラーさんと抱き合うと、急いでカメラを抱え、ここぞとばかり「アップ」で撮り始める。


そのカメラは普通のビデオカメラではなく、本当にちゃんとした撮影用のカメラ。


「??な、何を映してるの!?」と、心の中はどぎまぎしてるのだけど、「イッタイナンデスカ?」と聞くわけにもいかず、テーラーさんと涙ながらに抱き合ったり、子供たちは大丈夫か聞いたり。


「ぜんぜん戸惑ってません」ふうを演じた私。


で、このカメラマンはやっぱりちゃんとしたプロのようで(後でテーラーさんに聞いた)まるで結婚式のように、お葬式のメモリアルビデオも作るんですと。なんだか凄い。。



ん?私はまだ「自分の家でのお葬式」の経験がないのですが、日本もまさかこんなふうに?ビデオ撮影なんてしてるんでしょうか??


さて、涙を拭きつつテーラーさんが「Akikoさんもどうぞこっちへ」と言いつつ、祭壇の前に連れて行かれ、


やっぱりここは「ちゃんとお焼香を」ということだろう。


もちろん当然。


そのつもりはなく来たものの、いや、祈ろうとは思っていたけど「お焼香」という儀式になると、その作法が必要。


でもお葬式をやってる真っ最中なのに「お焼香なし」なんてことはできない。


でも。


数人の「何度も頭を下げ手を合わせ、膝をつく・・・と言うより土下座的体勢で頭を何度も下げる」を見ていたけど、


これが私にできるわけがない!!


その作法、数人見た限りで良くわからないのに(何回頭を下げて何回目に跪くとか)


加えて腰が。


テーラーさんは他の人にやっていたように、白装束で手を合わせ、私が祈り始めるのを待っている。


目が「私と同じようにやって」と言ってる。


歩くのもやっとなのに、どうする自分!?


アジアのお洋服と雑貨のお店『ミミュウ』
http://www.mymieu.com/

過去の日記
http://www3.diary.ne.jp/user/300128/





posted by acco at 16:25| 福岡 ☀| ベトナム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする